法要と供養

法要

故人や先祖に対して行う供養のことを法要といいます。

仏式

法要の一覧
日数俗称供養
6日目初逮夜 (しょたいや)遺族だけで供養
7日目初七日 (しょなのか)葬儀後、お骨が帰ったときに
親族・知人などを招いて、
読経・焼香など供養後に会食
14日目二七日(ふたなのか)遺族だけで供養
35日目 五七日(ごなのか)白木位牌から塗位牌に
替え納骨を行い、会食
(35日目(五七日)を省略し、
49日目に行うことが多い)
49日目 七七日忌(しちしちひき)親族・知人を招いて、
忌明けの供養
 初盆 / 新盆仏の供養
100日目百か日親族・知人を招いて供養
満1年目一周忌親族・知人を招いて供養
満2年目三回忌親族・知人を招いて供養
満6年目七回忌親族・知人を招いて供養
満12年目十三回忌親族・知人を招いて供養
満16年目十七回忌親族・知人を招いて供養
満22年目二十三回忌親族・知人を招いて供養
満24年目二十五回忌親族・知人を招いて供養

(二十三回忌と二十七回忌を省略して、二十五回忌を行うことが多い)

満26年目二十七回忌親族・知人を招いて供養
満32年目三十三回忌親族・知人を招いて供養
満49年目五十回忌親族・知人を招いて供養
満99年目百回忌供養、以後は
50年ごとに供養

※命日には「月命日」と「祥月命日」があります。月命日は、毎月故人が亡くなった日をさします。祥月命日は、毎年訪れる故人が亡くなった月日をさし、年忌法要は祥月命日に行います。

※通常、年忌法要は三十三回忌まで行い、これを「弔い上げ」といいます。宗派によっては、五十回忌、百回忌まで行うこともあります。

※上記は一般的な法要で地域や宗派によって、多少異なります。

※日数は、死亡日を入れた日で数えます。

※通常法事は、命日の前日までに行います。

キリスト教式

毎年の命日に、追悼のミサや記念式などを行います。

神式

神道の霊祭は、墓前か自宅、あるいは斎場で行い、聖域とされる神社では行いません。亡くなって(帰幽といいます)から、10日ごとに5回の霊祭があります。

五十日祭

五十日祭には、ご親族やお知り合いの方々を招いて、お酒や食事などを共にします。

式年祭

式年祭は、五十日祭、百日祭の後に、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭といったように行われます。通常は三十年祭まで行われることが多いようです。

供養

供養について
三宝供養佛、法、僧(三宝)に対する供養
(釈尊降誕会、釈尊涅槃会、宗祖報恩お会式など)
追善供養(追福修善)ご先祖、水子、有縁、無縁に対する供養
(施餓鬼供養、彼岸供養、年回忌供養、水子供養など)
開眼供養仏像、仏画、位牌、仏具等の供養
(仏壇開眼供養、自動車開眼供養、墓石開眼供養など)

供養とは、三宝(佛、法、僧)を敬い、その教えに従って修行することです。現代では一般的に、仏様や亡くなった方の霊にお花やお供物を供え、お線香をあげお経を読んでお祈りすることを供養と呼んでいます。供養には、故人の代わりに子孫や関係者などが功徳を積んで成仏させるという意味が込められた追善供養(いわゆる法要のこと)、先祖に感謝する先祖供養、新しくお墓を建てたときに魂を入れる開眼供養などがあります。

お盆

あの世から帰ってくる先祖の霊をご家族でお迎えして供養します。多くの場合は、8月(あるいは7月)の13日から16日にかけて行われます。故人が亡くなってから最初に迎えるお盆を新盆(初盆)といいます。13日の夕方には玄関先で迎え火を焚いて先祖を迎え、16日の夕方には送り火を焚いて、お盆の間にいっしょに過ごした先祖の霊をお送りします。お盆の間は、ご先祖がこの世とあの世を行き来できるようにキュウリの馬とナスの牛を供えます。

お彼岸

彼岸は、正式には「彼岸会(ひがんえ)」といい、迷いの多いこの世から、悟りを得た世界(彼岸)へ到るという意味を持っています。本来のお彼岸は、先祖に感謝しつつ、自分自身の日ごろの行いを反省して、功徳を積めるよう心がけを新たにする期間のことで、仏教の行事としては日本独特のものです。お彼岸の期間は、春は春分の日を中日にして、秋は秋分の日を中日にして、その前後の3日間を合わせた7日間となります。お彼岸の間に、お墓参りをします。