通夜・葬儀の知識

通夜・葬儀の式次第

通夜葬儀・告別式
一同着席式次第
僧侶入場一同着席
僧侶読経僧侶入場
焼香開式の辞
法話・説教僧侶読経
僧侶の退場弔辞・弔電
通夜ぶるまい焼香
 僧侶の退場
喪主あいさつ
閉式の辞

※葬儀と告別式は、もともと宗教的にも異なる意味を持つものですが、現在ではこれらを分けずに行うのが一般的です。

焼香の作法

焼香には、立って行う立礼焼香と、座ったままで行う座礼焼香があり、香炉を回して行う回し焼香もあります。線香と抹香による作法の違いもあります。

仏式

宗派別焼香作法(下記はごく一般的な作法です)
宗派線香の本数抹香の回数
天台宗3本3回
真言宗3本3回
浄土宗1本3回
臨済宗1本1~3回
浄土真宗本願寺派1本を二つに折って
横に寝かせます。
1回
真宗大谷派1本を二つに折って
横に寝かせます。
2回
曹洞宗1本1回目はおしいただき、
2回目はそのままくべます。
日蓮宗1本又は3本を横に寝かせます。1回又は3回
  1. ご遺族と僧侶に一礼してから焼香台まで進み、ご本尊と遺影に黙礼します。
  2. 右手で香をつまんで、香炉にくべます。(宗派によって作法が異なります)
  3. 焼香の後、合掌して一礼します。遺族と僧侶にも一礼してから、自分の席に戻ります。

葬儀の服装

通夜

男性女性
友人知人ダークスーツ・ブラックスーツ和装黒喪服洋装黒もしくは地味な色のワンピース、パンツスーツ
親族喪主ブラックスーツ黒喪服黒無地のスーツ、ワンピース

葬儀・告別式

男性女性
友人知人ダークスーツ・ブラックスーツ和装黒喪服、色無地の一つ紋、三つ紋つき洋装黒もしくは地味な色のワンピース、パンツスーツ
親族喪主モーニングコート・ブラックスーツ黒喪服黒無地のスーツ、ワンピース

四十九日法要

男性女性
友人知人ブラックスーツ和装色無地の一つ紋、三つ紋つき洋装準礼装
親族喪主ブラックスーツ黒喪服黒無地のスーツ、ワンピース

一周忌

男性女性
友人知人ブラックスーツ和装色無地の一つ紋、三つ紋つき洋装準礼装
親族喪主ブラックスーツ黒喪服黒無地のスーツ、ワンピース

※三周忌以降の服装については喪主の指示にしたがうか、あるいは華美でない服装にします。